Vラインの骨切りと顔の大きさ

顔の輪郭はVラインの骨切りをする事で整います。顔の輪郭を気にする人は多く特にえらが張っている人は気になるようです。えらが張っている事によって多少顔が大きく見えたらします。従ってこの部分を切ると小顔になり自分の理想のメイキャップや服装を楽しむ事が出来ます。今までえらの部分に影を入れる目的で濃いめのファンデーションをつけていたりしてもこれらはもう必要なくなります。メイクの時間が短縮できますしメイクをしなくても外出することができるという気軽さもメリットになります。しかし、一応これらは手術になりますのでリスクもあります。そのリスクはクリニックでのカウンセリング時に聞いて自分で判断する事になります。皆にそのリスクが当てはまるわけではありませんし自分には関係ない事かもしれません。しかし、それを知っておく必要があります。

Vラインの骨切りと手術後の腫れのひかせ方

整形手術の中で人気があるのが小顔になる事が出来るVラインの骨切りです。理想のフェイスラインになる事ができます。この手術の後には多少顔が腫れる事になります。これは避けては通れない事なので腫れてしまった後に出来るだけ早く腫れを引かすという方法で対応した方が良いです。少なくとも3日目までは腫れ続ける事になります。三日後から腫れが引いてきますしこれは通常のプロセスでもあるので心配する必要はないです。手術後はのどが腫れて痛む事があるので出来るだけのど飴などを持っておくと良いです。そして、Vラインの腫れたところは出来るだけ冷やしていきます。こうする事によって腫れが早くひくようです。その他の腫れを取る方法としてはハーブティーを摂取したりカボチャのスープを飲んだりすると良いです。腫れが出来るだけ早く引くとそれだけ通常通りに外出できるようになります。

小顔をつくるVライン骨切り術

Vライン骨切り術は下顎の骨を切り取り顎をVの形にしてより小顔を強調します。顎幅を狭くするだけではなく、顔の左右のバランスを取り、美しい顔を演出します。手術後2週間ほどで落ち着きすぐに効果は現れます。そして小顔が半永久的に持続します。ただし、太ってしまうと細い顎に脂肪がついてしまうため、Vラインを保てません。2種類の手術方法があり、オトガイ垂直骨切り術と斜骨切り術があります。どちらも骨を切除するため通常の美容整形ではない整形外科の骨折の治療時と同じリスクがあります。患部の炎症や発熱、術後の感染の危険性など普通の手術と同じリスクがあります。その中でも手術後に顔が歪むことがあり、この歪みはマッサージなどの外側からの刺激で改善するものではありません。リスクが大きく手術に高額な金額がかかるこの手術、本当に手術が必要なのか予めじっくり考えた上で受けましょう。

歯が小さいせいでガミースマイルにお悩みの方でも施術が可能です。 先端の医療設備や経験豊富なスタッフを揃え安心と安全な医療環境を整えております。 Vライン輪郭手術で美しい下あごを形成できます。 小顔を目指す方にはBNLS+エラボトックスが当院おすすめの施術です。 出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 お悩みに応じて様々な術式を提案致します。 骨切り、Vライン形成ができるマックスファクス銀座クリニック