小顔になるために骨切りでVラインに整形

人も羨むような小顔に強い憧れをお持ちの方は、多いはずではないかと考えます。それも、顎がスッとした顔立ちは、美人に見えます。そのような輪郭を手に入れるためには、努力をしても願いは叶うわけはないことです。美容整形で手術をする方法しかないと考えます。簡単で安全なリスクもない方法で、ある程度整えられた輪郭を手に入れるコラーゲンなどを注入する方法もあるようですが、持続力は弱いため、数か月ほどで元に戻ってしまうようです。永久的に持続する方法になりますと、顎や、頬の骨切りといった大きな手術になるようです。この場合であらば、顎がスッとなったVラインが手に入れられるようです。ただ、骨を削るほどの手術になりますので、多少のリスクも覚悟する必要があるように考えられます。しばらくは、腫れなども続き生活にも支障をきたすことになるかもしれません。

顎の骨切りでVラインをシャープにできる

Vライン形成手術は顎の骨を垂直に骨切りすることで顎をシャープにする施術です。また顎が細くなるだけではなく、小顔になれることから高い人気があります。この手術にかかる時間はおよそ120分です。手術中は全身麻酔を使用することから痛みを感じることはありません。術後の痛みは処方される鎮痛剤で問題ありません。術後2週間で抜歯を行い、人によっては包帯などで固定しておくこともあります。腫れや痛みがなくなるまで2週間~4週間程度かかり、この間は刺激物や固い物を食べることは控えます。このVライン形成手術は高度の技術を要するので、実績豊富な医師を選ぶことや事前カウンセリングでしっかり話し合うことが大切です。満足できなかった場合にどのような対処をしてくれるのかも聞いておく必要があります。費用は約100万程度掛かります。

Vラインの骨切り施術

Vラインをキレイに整えたいと考えた際に美容整形で対応をすることが可能です。中々難しい方法なので、どこのクリニックでも施術を行うことができるわけではありません。骨切りを行って形を整えることが多いので、体への負担も大きいです。最近ではオンラインで施術を受け付けているクリニックを簡単に見つけることができます。施術に関しても不安があれば、相談をすることができますし、カウンセリングを受けて施術に対する疑問なども解決させることができます。コストに関しても明瞭になっているので、安心をして任せることができます。ウェブサイトでどういう施術なのかも分かっていれば、施術に対する知識も得ることができます。骨切りを受ける場合には麻酔も強いものになったり、全身麻酔で対応をすることがあるので、時間もかかってしまうことも考える必要があります。