顎の骨を骨切りするとVラインが美しくなります

美容整形外科では、小顔にするための美容整形を行っています。顎の形は小顔にするための重要な要素になり、顎の形がアルファベットのVの形だと、シャープな印象の小顔になります。女優やモデルの顔写真を確認すると、綺麗な顔だと評判の女性の多くは、顎の形がVの字になっていることがわかります。美容整形外科では顎の骨を垂直に骨切りする美容整形手術を行っており、顎の骨を骨切りすることによって、美しいVラインの小顔にすることができます。小顔矯正をすることによって、ゴツゴツとした印象の大きな顔がすっきりとした小顔になりますので、第一印象が大きく変わります。小顔にする美容整形は韓国で広く普及しており、韓流の女優や歌手も骨切りでVライン形成をしていると言われています。美容整形をすることによって、韓流の女優や歌手のように美しい小顔を目指せます。

無料Skype骨切り、Vライン相談

骨切り、Vラインなどやりたいけどわからないことがある、という方に無料Skype相談というのがあります。まず電話、または予約フォームから相談を申し込み、(そのときにSkypeIDが必要になります。)Skype相談の予約が確定になります。次に、予約日当日、お時間にクリニックからご連絡があります。そのあと相談開始になります。(相談には医師が対応、カウンセラーも付き添います。メリットは医師と直接話せて安心ということと、クリニックに行きにくい人でも、自宅でも気軽に相談出来ます。あと、自分の都合に合わせて日程も選べます。Skypeの事前準備としては、Skypeをダウンロードし、アカウントの作成をします。自宅で、PCでもビデオ通話を行うには、Webカメラ・ヘッドセットが必要です。家電販売店やオンラインショップでお買い求め出来ます。

Vライン形成術(オトガイ垂直骨切り術)とは

美容形成術にはVライン形成術といわれるものがあります。別名オトガイ垂直骨切り術で、オトガイとは一般的にあごと言われている部分です。この手術は2009年に韓国の医者が発表した方法です。顔の正面を三つに分けて、上から額部、中顔面、下顔面となりますが、下顔面を小さくしたい、あごを細くしたい方に向けた手術法となります。始めにオトガイの骨切りを行います。下唇裏側の粘膜に切開を加えオトガイ部の骨を露出させ、8~16mm程度サジタルソーで骨切りします。そして左右のオトガイ骨片を正中に移動させチタンプレートで固定します。寄せた分両端に段差が出来るので、オステオトームで滑らかに切り取ります。最後に上下の骨片もチタンプレートで固定します。手術は全身麻酔で行い、約一時間で終了します。痛みは処方される鎮静剤で治まる方がほとんどです。ダウンタイムは約1~2週間、抜糸は10~14日目です。腫れの早期軽減の為、内服薬の処方や顔用のサポーターがもらえるクリニックもあります。